土, 20 4月 2019

このたび岡山大学生殖補助医療技術教育研究センターにおきましては,下記の要
領により教員を公募いたします。
 
1 募集人員 助教 1名
2 所 属 岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター
3 業務内容
生殖補助医療技術教育研究センターでの生殖補助医療技術キャリア養成教育研究。具体的には,生殖補助医療技術キャリア養成教育研究において,生殖補助医療技術実習(技術習得)の実施・改良,学部・大学院教育プログラムの開発および生殖補助医療技術に関する研究,岡山大学病院リプロダクションセンターでの生殖補助医療技術業務の一部を担当する。
4 待 遇 岡山大学職員就業規則により,給与制度として年俸制が適用されます。
詳細については,年俸制相談窓口:総務・企画部人事課人事管理グループ
高杉(TEL 086-251-7024,E-mail: abd7024*adm.okayama-u.ac.jp)にお
尋ねください。(*は,@に置き換えてください。)
5 採用時期 2019年6月1日以降のできるだけ早い時期
6 応募資格 以下の条件を満たすこと
1)博士の学位,生殖補助医療胚培養士資格あるいは臨床経験があることが望ましい。
2)上記の実習他の業務を担当・開発できる教育・研究上の能力を有しており今後の発展が期待できる方
3)顕微授精や胚生検-PGT など生殖補助医療技術に関する技術,広い専門知識,研究能力を持ち,それらの教育・研究活動に意欲的であり,かつ学生指導に優れた能力
と熱意を持つ方
4)英語による教育研究に積極的に取り組む姿勢がある方
5)採用予定日(2019年6月1日以降)後,速やかに着任可能である方
7 選考方法 提出書類に基づき書類選考を行い,必要に応じて実施する面接により候補者を決定します。
8 提出書類
1)履歴書(様式1)
2)学会及び社会における活動(様式2)
3)教育に関する経歴書(様式3) ※英語での講義はその旨を記載
4)研究業績概要書(様式4)
5)研究業績目録(様式5)※様式5「8.外部資金の獲得状況」については,現在までの産学連携を含む外部資金の獲得状況を,代表者と分担者を区別して記述してください。
6)著書,論文等別刷り(主要なもの5編以内)
7)着任後の教育研究への抱負(1,000 字程度,様式自由)
8)その他審査に参考となる書類(形式自由)
9)問い合わせ可能な方2名の連絡先
※勤務先等の名称,住所,電話番号及び E-mail アドレス等
(注)様式1〜5は,岡山大学大学院環境生命科学研究科ホームページ
http://www.gels.okayama-u.ac.jp/society/koubo_index.html
から,ダウンロードしてご使用ください。
9 応募締切 2019年3月29日(金)17時必着
10 応募書類提出先・問い合わせ先
〒700-8530 岡山市北区津島中一丁目1番1号
岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター 舟橋弘晃 宛
(封筒に「教員応募書類在中」と朱書し,書留または簡易書留,あるいは宅配便でお送りください。なお,提出書類は返却いたしません。提出いただいた個人情報は,選考のみに利用し,選考終了後,責任を持って破棄いたします。)
11 注意事項・その他
1)書類選考で選出された候補者には,面接およびセミナー講演を行っていただく場合があります。日程は別途調整いたしますが,旅費等は「自己負担」となっておりますので,ご承知おき願います。
岡山大学では,男女共同参画を推進し,女性教員をサポートしています。女性の積極的な応募を歓迎します。
<参考>岡山大学ダイバーシティ推進本部
http://www.okayama-u.ac.jp/user/jinji/diversity/greeting/index.html
2)応募に際し,岡山大学生殖補助医療技術教育研究センターについて詳しく知りたい方は以下のホームページをご覧ください。
http://artc.ccsv.okayama-u.ac.jp/
以上

PDF

Login Form

自動ログイン