日, 19 11月 2017

 

大月 純子 (Junko OTSUKI)

 

職名

岡山大学生殖補助医療技術教育研究センター 准教授

 

経歴

1982年   東邦大学理学部化学科卒業

1982-1985年 (株)三菱油化メディカルサイエンス(現:(株)三菱化学ビーシーエル)

1995-2014年 永井クリニック(現:永井マザーズホスピタル)培養室長

2003年          東邦大学理学研究科博士前期過程終了(分子医学専攻)修了

2007年     お茶の水女子大学人間文化研究科 博士後期過程(人間環境科学専攻)修了

         理学博士(Ph.D. in Embryology)

2010-2014年 お茶の水女子大学大学院非常勤講師

2015-2017年 英ウィメンズクリニック 研究開発部主任

 

受賞歴

2007年 ESHRE(ヨーロッパ生殖医療会議) ART Laboratory Award

 

資格

1982年 臨床検査技師国家資格

2002年 日本卵子学会 生殖補助医療胚培養士

2007年 日本卵子学会 生殖補助医療管理胚培養士

2012年 日本卵子学会 生殖補助医療管理胚培養士1回目更新

2017年 日本卵子学会 生殖補助医療管理胚培養士2回目更新予定

 

所属学会および学会活動

ESHRE

日本卵子学会 代議員

日本受精着床学会 代議員

日本生殖発生学会 幹事

日本IVF学会

 

関連のホームページ

岡山大学研究者総覧URL

 

趣味

温泉, 自然散策

 

一言メッセージ

出産後10年間の専業主婦をしていたので、実年齢より10歳若いと勝手に思い込んでいます。長期間社会から離れるもスムーズに社会復帰できたのは国家資格を有していたからかもしれません。女性には出産という男性にはない大仕事があります。出産・育児休暇後も女性が輝けることが出来るよう、培養士としての仕事復帰を望む女性のリカレント教育にも力を入れて応援します。生殖医療に纏わる分野で修士号、博士号も獲得し、国際レベルで活躍できる管理胚培養士の育成も目指したいと思っています。


発表論文

1.      The nuclear phase of human oocytes during ICSI and nuclear transfer procedures.

         Otsuki J, Iwasaki T, Tsuji Y and Shiotani M. JMOR 2017

2.      Potential of zygotes to produce live births can be identified by the size of the male and female pronuclei just before their membranes break down.

         Ostuki J, Iwasaki T, Tsuji Y, Katada Y, Sato H, Tsutsumi Y, Hatano Y, Furuhashi K, Matsumoto Y, Kokeguchi S and Shiotani M. RMB, 2017

3.      Grade and looseness of the inner cell mass may lead to the development of monochorionic diamniotic twins.

        Otsuki J, Iwasaki T, Katada Y, Sato H, Furuhashi K, Tsuji Y, Matsumoto Y, Shiotani M. Fertil Steril. 2016

4.      Aggregated chromosomes transfer in human oocytes. 

        Otsuki J, Nagai Y, Sankai T. Reprod Biomed Online. 2014

5.      Detection and quantification of male-specific fetal DNA in the serum of pregnant cynomolgus monkeys (Macaca fascicularis). 

        Yasmin L, Takano J, Nagai Y, Otsuki J, Sankai T. Comp Med. 2015

6.      The redox state of recombinant human serum albumin and its optimal concentration for mouse embryo culture. 

        Otsuki J, Nagai Y, Matsuyama Y, Terada T, Era S.Syst Biol Reprod Med. 2013

7.      The influence of the redox state of follicular fluid albumin on the viability of aspirated human oocytes.

        Otsuki J, Nagai Y, Matsuyama Y, Terada T, Era S. Syst Biol Reprod Med. 2012

8.      Symmetrical division of mouse oocytes during meiotic maturation can lead to the development of twin embryos that amalgamate to form a chimeric hermaphrodite. 

        Otsuki J, Nagai Y, Lopata A, Chiba K, Yasmin L, Sankai T. Hum Reprod. 2012

9.      Association of spindle midzone particles with polo-like kinase 1 during meiosis in mouse and human oocytes. 

        Otsuki J, Nagai Y, Chiba K. Reprod Biomed Online. 2009

10.     A comparison of the swim-up procedure at body and testis temperatures. 

        Otsuki J, Chuko M, Momma Y, Takahashi K, Nagai Y. J Assist Reprod Genet. 2008

11.     Damage of embryo development caused by peroxidized mineral oil and its association with albumin in culture. 

        Otsuki J, Nagai Y, Chiba K. Fertil Steril. 2009

12.     A phase of chromosome aggregation during meiosis in human oocytes. 

        Otsuki J, Nagai Y. Reprod Biomed Online. 2007

13.     Lipofuscin bodies in human oocytes as an indicator of oocyte quality. 

        Otsuki J, Nagai Y, Chiba K. J Assist Reprod Genet. 2007

14.     Peroxidation of mineral oil used in droplet culture is detrimental to fertilization and embryo development. 

        Otsuki J, Nagai Y, Chiba K. Fertil Steril. 2007

15.     Timed IVM followed by ICSI in a patient with immature ovarian oocytes. 

        Otsuki J, Momma Y, Takahashi K, Miyakura S, Nagai Y. Reprod Biomed Online. 2006

16.     The relationship between pregnancy outcome and smooth endoplasmic reticulum clusters in MII human oocytes. 

        Otsuki J, Okada A, Morimoto K, Nagai Y, Kubo H. Hum Reprod. 2004

 

著書

1.不妊・不育診療指針(中外医学社) 2016年11月10日出版 「卵子の観察」を分筆

2.図説よくわかる臨床不妊症学「不妊治療up to date」「卵子の形態異常とART成績の関係」を分筆

3.卵子学(京都大学学術出版会) 2010年1月出版 「ヒト卵子の形態学的評価」を分筆

4.産婦人科治療 2008年1月号(永井書房)「卵子をめぐる最近の進歩」を分筆

5.コメディカルのためのARTマニュアル(永井書房)「胚移植の準備と介助」を分筆

 

国際学会発表

2017年 ESHRE (Poster) The higher incidence of cleavage failure in oocytes with smooth endoplasmic reticulum clusters (sERC) than in oocytes without sERC in sERC positive cycles

2016年 ESHRE (Oral) Inner cell mass of blastocyst grade and loosening of inner cell mass is related to monochorionic diamniotic twinning

2015年    ESHRE (Poster) Predicted blastocyst development based on the cellular features of day 2 embryos by time-lapse observations

2014年 ASRM (Oral) In human oocytes the aggregation of chromosomes around the nucleolus is associated with the initiation and completion of meiotic maturation

2013年 ASRM (Poster) Aggregated chromosome transfer in human oocytes

2010年   ASRM (Poster) The relationship between human oocyte quality and the redox state of follicular fluid albumin

2010年 IFFS (Poster) The application of human recombinant albumin in embryo culture

2010年 IFFS (Oral) Formation of two-celled oocytes and chimeric embryos from GV oocytes

2009年 ESHRE (Oral) Redox state of albumin and patient follicular fluid used as an alternative culture supplement to replace commercial human serum albumin

2007年 ESHRE (Oral) Completion of polar body extrusion in mouse and human oocytes: role of the Flemming body, midbody particles and their association with actin  (ART Laboratory Award)

2006年 ESHRE (Oral) Developmental potential of human oocytes that contain lipofuscin bodies and its relationship to follicular fluid amino acids

2005年 ESHRE (Oral) Elevated peroxide value (POV) in mineral oil negatively affects embryo development

2004年 ESHRE (Poster) Lipofuscin-like bodies with autofluorescence in human oocytes

2003年 ESHRE (Poster) The sER clusters associated with high E2 & P4 and follicle size

2002年 ESHRE (Oral) The Smooth Endoplasmic Reticulum cluster in Human oocytes

2001年 IFFS (Oral) Presence of vacuoles in oocytes

2001年 Alpha Conference (Poster) Double consecutive embryo transfer performed on patients who had repeated ART failure

 

国内シンポジウム&講演&座長

2017年7月    日本受精着床学会 教育講演(海外からの講師) 座長予定

2016年10月  日本IVF学会 シンポジウム 座長

2016年10月  日本IVF学会 ワークショップ 講演

2016年9月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2015年7月 受精着床学会 座長

2015年3月 日本生殖再生医学会 10周年記念シンポジウム 講演

2014年7月 日本受精着床学会 座長

2013年8月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2013年1月 日本臨床エンブリオロジスト学会 教育講演

2012年9月 日本IVF学会 ワークショップ 講演

2011年9月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2010年8月 生殖バイオロジー東京シンポジウム 講演

2010年7月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2010年7月 東京受精・胚移植研究会 学術講演会 講演

2010年1月 岡山ARTフォーラム 招請講演

2009年10月  近畿大学 インターフェース分野別専門家特別講義

2009年3月 東海ARTカンファレンス 講演

2009年3月 日本生殖再生医学会 講演

2008年6月 北海道生殖医学会 招請講演

2007年8月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2005年8月 日本受精着床学会 シンポジウム 講演

2004年9月 IVF学会 ワークショップ 座長

 

スタッフ一覧に戻る

Login Form

自動ログイン