木, 27 7月 2017

  平成26年度 公開シンポジウム

「生殖補助医療における安心・安全 ~その向上に向けて~」


 

日時: 平成27年1月25日(日曜日)13:30~17:00
場所: 岡山大学50周年記念館

           (岡山市北区津島中1-1-1)

 

『生殖補助医療の現状と課題、生殖補助医療胚培養士資格の概要と課題』

        国際医療福祉大学病院リプロダクションセンター 教授 柳田 薫

『患者の立場から望む生殖補助医療の安全・安心』

        NPO法人 Fine 理事長 松本亜樹子

『生殖補助医療の現場での安全・安心のための取り組み』

        HORAC グランフロント大阪クリニック 院長 森本 義晴

『現場の胚培養士としての視点から安全・安心の取り組み』

        浅田レディースクリニック 培養部門 部長 福永 憲隆

『これからの生殖補助医療技術とその安全・安心』

        東京農業大学大学院動物発生工学研究室 教授 河野 友宏

 sympo_2015m.jpg

 

 

PDFダウンロード

 

以下 過去に実施した公開シンポジウム


 平成25年度 公開シンポジウム

(生殖補助医療技術教育研究センター キックオフ シンポジウム)

「子を授かる ~ 生殖補助医療の現状と未来 ~」



「子を授かる ~ 生殖補助医療の現状と未来 ~」

日時: 平成25年12月22日(日曜日)13:30~17:30
場所: 岡山大学医学部 Jホール
    岡山市北区鹿田町2丁目5-1

基調講演:「我が国の生殖補助医療技術者の現状と今後の課題と期待」
慶應義塾大学医学部教授・日本生殖医学会理事長 吉村泰典

講演1:「生殖補助医療技術者~岡山大学が養成目指す技術者像」 
     岡山大学ARTセンター教授 舟橋弘晃

講演2:「現在・過去・未来の患者が見た生殖補助医療現場」
     NPO法人Fine 代表 松本亜樹子

講演3:「生殖先端技術と生殖医療技術への応用の可能性」
     近畿大学生物理工学部学部長・先端技術総合研究所所長 細井美彦

講演4:「生殖補助医療現場の現状と今後」
     IVF Japan CEO 森本義晴

講演5:「生殖補助医療技術の新展開~生殖細胞・生殖巣の凍結保存」
     聖マリアンナ医科大学医学部教授 鈴木 直

ARTセンター社会貢献プロジェクト:
    「がん治療前の妊孕性温存技術・システム開発の中核形成に向けて」
     岡山大学ARTセンター副センター長 中塚幹也


kickoff

 

 

 


平成24年度 公開シンポジウム

「いのちを授かる ~不妊治療の現在と課題~」


  平成23年度 学長裁量経費(教育研究プロジェクト等支援経費)事業
「生殖補助技術キャリア養成特別コースの構築」公開シンポジウム

「いのちを授かる~不妊治療の現在と課題」

 プログラムPDF

日時: 平成24年1月28日(土曜日)13:30~17:00
場所: 岡山国際交流センター 国際会議場
    岡山市北区奉還町2丁目2-1

講師: 福田愛作 氏(IVF大阪クリニック院長)
     「不妊治療の最前線」

    柳田 薫 氏(国際福祉医療大学教授)
     「生殖補助医療技術者の現状と求められるもの」

    福永憲隆 氏(浅田レディースクリニック培養研究部統括部長)
     「最先端生殖補助医療ラボの実際とそのメンテナンスについて」

    桑山正成 氏(リプロサポートメディカルリサーチセンター代表取締役)
     「最高の生殖補助医療技術の開発について」

    香川則子 氏(加藤レディスクリニック主任研究員)
     「最新生殖補助医療技術の開発について」


symposium2012


シンポジウムの様子
2012sympo1

2012sympo2

2012sympo3

2012sympo4

 

 

連絡先

生殖補助医療技術教育研究(ART)センター
TEL 086-251-8327 (直通)
FAX 086-251-8388

(FAXはARTセンター宛と明記ください)

〒700-8530
岡山県岡山市北区津島中1-1-1
岡山大学 農学部3号館

Login Form

自動ログイン